「まん延防止等重点措置」の適応を踏まえた本校の対応について

 このたび、令和3年4月16日付けで、本県は4月20日(火)から5月11日(火)までの期間、新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく「まん延防止等重点措置」を実施すべき区域とされました。
 特に最近急増している変異株陽性者においては、新規陽性者に占める10歳未満、10代及び20代の割合が高いことが統計上明らかとなっており、若年者が無症状や軽症のまま活発に行動し、感染を拡げることが懸念されております。
 これを受けた県教育委員会からの指示に従い、本校では次のように対応してまいります。

  1. 放課後や休日において、特に感染リスクが高い生徒同士のカラオケと会食について、自粛するよう指導する。
  2. 教育活動について、「感染症対策を講じてもなお感染のリスクが高い学習活動」は、行わないこととする。
  3. 部活動について、合宿は、自粛する。